プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山荘建設プロジェクト、ついに完結!
2006年春から始まった「N氏の山荘建設プロジェクト」ですが、
2007年3月に母屋が完成し、4月から進めてきたBCと母屋を接続する玄関部分の工事も10月に終了しました。
フェンスや物干し場などの外構工事も同時に終わり、
1年半に及ぶプロジェクトはここに完了しました!
大きな事故や怪我もなく無事に終わったことがなによりです。

作業の概要をまとめますと、
工事遠征の回数は伐採も含め32回
工事日数は述べ81日
参加者の延べ人数は学生233人、スタッフ71人
学生工数は延べ603人工
となります。
その間地元新聞に2回掲載されています。

あらためて、このような機会を提供してくれた施主の中西さん
要所の技術指導をしてくれた親方衆
側面からの様々な支援をしてくれた学校関係者にお礼を申し上げたいと思います。

また、参加した学生達にはこのプロジェクトの記憶を小さな灯火としていつまでも胸の奥にあたため、今後の技術者修養の礎にして欲しいと願っています。
今回をもって工事報告としてのブログは終了しますが、
OCTでは今後もこのような実践的教育プログラムを企画し続けていきますので、応援してくださった皆さん、次回をご期待下さい!
gen4_IMG_3837.jpg gen4_IMG_3822.jpg gen4_IMG_3838.jpg
gen4_IMG_3845.jpg gen4_IMG_3847.jpg gen4_IMG_3852.jpg
gen4_IMG_3851.jpg gen4_IMG_3841.jpg gen4_IMG_3859.jpg
gen4_IMG_3853.jpg gen4_IMG_3863.jpg gen4_IMG_3858.jpg
gen4_syuugou_3866.jpg
スポンサーサイト
玄関接続工事-【その3】-
前回の工事で出来たベタ基礎にコンクリートブロックで立ち上がりを設け、その上に土台をアンカーボルトで固定します。

ブロック積作業また、ブロック工事の練習として、花壇の縁にブロックを2段積み上げる工事を先行させました。

一見すれば同じ大きさの空洞に見えるコンクリートブロックの穴ですが、微妙に大きさが違っており、積み方にもどちらが上か下かセオリーがあります。
一般構造あたりの授業で習ったはずの“かすかな記憶”?を頼りに、一見キレイなブロックの花壇ができました。(穴の大きい方が下に積むのが正解です)

続いて母屋と離れの間に屋根を架けます。離れの軒下をギリギリ交わし、
水勾配と天井高さを確保しなければなりませんので、正確な計測を繰り返しながらの現場合わせ工事となります。
垂木の受け材をボルトで取り付け垂木を金物で固定し、野字板、ルーフィング、ガリバリウムメッキの波板と順に作業が進みます。
特に離れの軒下では作業スペースがありませんので、無理な体勢でのアクロバット工事となります。
計測中・・・ キサミ中・・・ キザミ中・・・
屋根下地 キザミ中・・・ キザミ中・・・
土台 下地完成 屋根葺き作業中
玄関その3集合写真
玄関接続工事-【その2】-
玄関接続工事は、幅1.8m、長さ3.6mの小さな規模ですが、基礎から外部、内部の仕上げまで、家一件分の工事が全て含まれています。
基礎は母屋同様ベタ基礎とし、型枠設置、敷地中の石やガラを集め転圧、所定の高さまで砂利敷き、配筋と順調に作業は進み、2日目にはコンクリート打設を行いました。

わずか0.6立米のコンクリートですが、ミキサー車から一輪車(ネコ)をふらつかせながら運搬し、手作業での打設が無事終了し、鏝で表面を均していきます。
初めて触れるコンクリートですが教科書での勉強では味わえない実物の感触をしっかり感じてくれたでしょうか。

玄関接続1 玄関接続2 玄関接続3
玄関接続4 玄関接続5 玄関接続6

玄関その2集合写真
玄関接続工事-【その1】-
前回の工事で母屋の工事は一応の竣工を果し、工事の主力だった2年生は全員卒業し社会へ巣立っていきました。このプロジェクトで経験した工夫や発見や感動を社会で生かしてくれたらと思います。

さて今後の工事は、完成した母屋と宿舎として使っていた離れとを玄関で接続する、というやや込み入った内容の工事が残されています。年度も替わり新2年生となった昨年からの参加者と、今年度からの新規参加者とで新たなチームを編成し、完成に漕ぎ着けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。