プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木材加工(その3)-【仮組み・資材確認・積み出し】-

カンバン板の通りに材木が加工出来ているかを、
一度作業場で仮組みして確認します。
ちゃんと位置が合っているか、仕口・継手が合ってるか、ドキドキの作業です。
仮組み仮組み資材確認
仮組みが済んだら、棟上げ作業の準備を想定しながら積み出し手順と部材確認を同時にしながら作業場の整理に取り掛かります。
ここで現場に足りないものが無いかを確認するわけです。
資材確認積み出し積み出し

いよいよ搬出作業(積み出し)です。ここでの搬出は単にトラックに積むのでは無く、
現場到着後の作業をシュミレーションし荷降ろし順番と逆に積み込みます
(当然、搬送中の荷台バランスも考えながらですよ…)

積み出し作業は刻み加工を終えた満足感と、
これから始まる現場での棟上げ作業への不安でいっぱいです!


スポンサーサイト
木材加工(その2)-【刻み作業】-
刻み作業「墨付け」が終わると今度は「刻み(加工)作業」。
建材に写し取られた墨と印を基に正確に且つ迅速に刻んでいく。





刻み作業刻み作業刻み作業

大工作業の極意
は簡単に言うと
「真っ直ぐに墨を打つ」「真っ直ぐに刻む」基本はこの二つ!

思いのままに道具が使いこなせれば簡単な作業なのですが、
なかなかそうはいきません(笑)
刻み作業刻み作業刻み作業

慣れない電動工具にも悪戦苦闘しながら自分たちが予定していた予定を大幅に延長しつつ、
何とか無事故のまま作業を進行しました。

●良い(綺麗・速い)仕事には、良く斬れる刃物が。
●良く斬れる刃物は、良く手入れの行き届いたものを。
●刃物の手入れとは、ひたすらに素直に砥ぐこと。

木材加工(その1)-【墨付け作業】-

木材搬入春に山で伐採した原木は、製材所で時間を掛けて材木(建材)に加工していただきました。
そうして出来た材木は、奈良の山奥から遠路遥々、大阪の放出(ハナテン)にある作業場(OCT7号館に届けらました。学生たちの手で1本1本、大切に扱いながら7号館に運び入れます。


早速、先立って製作した軸組み模型を参考にしながら、「カンバン板(看板板・板図など)」を描きます。カンバン板とは、“製作加工用現場図面”とも言えるようなモノ。
今後の作業を見越して入念に製作します。
板図作成板図作成板図

続いて、「墨付け作業」。これが今回の作業の一番大事な大工作業
ホゾや継手、仕口の位置をカンバン板を見ながら、正確に建材に墨汁で印を付けて行く作業です。
(ここでミスをすると大切な資材に間違った加工をしてしまい廃棄物にしてしまう恐れが…)
墨付け1墨付け2墨付け3

緊張の連続ですが、これが完璧に出来れば一人前の大工です!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。