プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装工事-【居間_床仕上】-
内装工事も終盤をむかえ、いよいよ床工事に入ります。
居間の床は桧のフローリング、和室は畳敷きです。

は壁や天井と違い、最も人や物との接触の多い部分ですのでしっかりした材料を選びたいところです。
フローリング張り フローリング張り フローリング張り

居間の床には厚さ15mmのフローリング、巾は通常より広い目の150mm、生き節の綺麗な桧材を選びました。
天井と同じく実加工された長さ3mの材料を、継ぎ目の位置を割り付けながら一枚一枚丁寧に張り付けます。
担当したT籐君、M橋君、一枚張るごとに完成に近づいていることフローリング張りが実感できる作業ですので、作業が進むのも早く、一気に仕上がりました。

壁との取り合い部に巾木を取り付け、傷がつかないように養生シートを貼ったら作業完了です。

フローリング張り
スポンサーサイト
内装工事-【居間・寝室_左官工事その2】-
居間の壁は外壁と同じ漆喰で、寝室の壁と天井は珪藻土系の左官材料で仕上げます。

珪藻土は藻類の一種である珪藻が堆積して化石化した珪藻岩を粉砕したものです。
身近なところでは七輪などに利用されています。吸湿性や濾過性に優れており、室内環境に負荷を与えない建材として近年よく使われています。

左官作業中左官作業中左官作業中

荒壁から始めた左官工事ですが、初めは鏝板のネタを鏝ですくい取ることすらままならなかった学生達も徐々に慣れて、珪藻土を塗る頃には随分スムースに鏝が壁面を滑るようになってきました。
塩路親方に教わった、鏝の動く方向を規則的に安定させることも出来るようになり、居間、寝室全ての左官工事を終えました。
全て大壁ですので、途中で作業を中断する訳にもいかず、休憩無しの長丁場を体力で乗り越えました。お疲れさんっ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。