プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての現場

3月22、23日の1泊2日、ついに一回目の工事遠征を敢行してきました!
学生10名、教員3名で、22日の午前9時に学校を出発、阪神高速、阪和道、湯浅御坊道路を経て、11時に現地到着です。

今回の目的は、
1.計画建物の配置(敷地のどの位置に建てるか)を確認する事。
2.宿舎として使う為に、既存の建物(以下、ベースキャンプ又はBC)の
  床上げと畳敷き込みを行う事。
以上の2点です。

現場写真01今日は、配置についてレポートします。
配置図でお分かりのように、今回建設する母屋は、既存の2つの建物の間に計画されています。
計画母屋の左側の隙間は、将来、玄関ホールとして増築し、母屋とBCとを連結します。
また、ベースキャンプ浴室前の空地はバスコートとして整備し、湯上りのビールを楽しむ場となる予定ですので、少しでも隙間の間隔を確保したいところです。
計画母屋の右側の隙間は、ガスボンベ置き場と裏庭への通路となりますので、あまり狭いと使いつらくなります。最低でも800mm程度の幅を確保したいところです。
また、北側の裏庭は、母屋とBCを一直線にならべたいと考えています。
このように、今回の配置計画はキワドイ位置関係をニラミナガラの、割とシビアな作業となります。
この作業を「縄張り」と言いますが、この作業の詳細は次回に紹介しましょう。

(※右サイドバーのリンクからも図面が閲覧できます)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/12-c4c94a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。