プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伐採に参加した、学生たちの声が届きました!

集合写真表初樹です!
この体験で、一番楽しかったのは伐採した桧の皮剥きです。
湿気のある芯(?)の部分と乾燥している皮の間にナタをいれてめくって、つるつるの表面が顔を出すと、気分がスカーッ!としました。たまに上手くめくれない物を地道に削っていくのは、しんどかったですが達成感があって楽しかったです!
1日目にした木の伐採は、チェーンソーを使わず、女の子3人でナタやノコギリを使って倒していったのが印象的です。倒れる直前に紐を高い位置に引っ掛けるのが難しかったけど、最後に高い位置に引っ掛けられた時はとても嬉しかったです。
現実に木を大量に伐採するのは、少し切ない気持ちになりましたが、この体験では山荘建設の為に必要な木材の3分の1だけですが、伐採を目の前で見ることが出来て良かったです。枝打

道端七衣です。
今回行った伐採も楽しかったです!
チェンソーが鳴り響く中私たちはなぜか手作業。オノ(?)で『ウケ』をつくり、ノコギリでせっせと伐りました。チェンソー使ってるもんだから、
倒れるときに声をかけても聞こえない。危なかったぁー。
手作業で伐るってゆうのも、やりたくてもできない体験なのでよかったです。
木の皮むきもペロッとむけるやつは快感☆でしたね。
自分たちが伐った木が家の材料になるというのは感動です!

森信介!
今回の伐採で自分達で切った木が製材されて人様の家になると思うとワクワクします。
今は製材された木を組み立てるだけなので、伐採の大変さがわかりました

柴田 琢です。作業の確認中
実際に原木を伐るところを見てかなり大きい動物が倒れてくるように見えました。
それと木1本1本の大切さがわかりました。
だから前まではホゾ穴を開けたりきざみをするときに間違えたり曲がったりしてももう1個造ったらいいとか思っていましたが、これからは1つ1つを集中し確実にやっていかないとダメだと思いました。

技能学科 市毛 悠。
今までにやった事がなくで実際木を切るのも大変だけど、運ぶのも大変だと思いこんなこと滅多に出来ない事だから、いい経験が出来て良かったと思います!!


宿舎にて近藤 裕樹
今回木の伐採ができてほんとによかったです。就職してからはたぶんできないであろうことだったのでいい経験ができました。木を切った直後皮をはいだ後、あんなにみずみずしいとは思いませんでした。角材になるまでの工程がこんなに長くて大変なことだったかと思うと小さい角材一つとっても大事に使わないといけない感じました。

技能学科千川です。
これから就職してもめったにできない皮の剥き方や木の伐採の仕方などの経験ができてよかったです。実際使う木材の伐採を製材するまでがどれだけ手間がかかるかということがわかり,一本一本大切に加工しなければならないことを学びました。実際に触って杉と檜の違いもわかりとてもいい経験になりました。またこのような経験をしていきたいです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/23-25a839f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。