プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎作り(その2)-【砕石 転圧】-
掘削したままでは地盤が不安定ですので、大粒の砕石を敷きこんで転圧(たたき均すこと)をかけます。

今回は昔ながらのタコとエンジン付のランマーとを併用しました。
コブシ大の自然石(川原などで見かける長丸い石)を使いたかったのですが手に入らず、人工的に砕いて粒を揃えた砕石(60から80mm)を使用しました。
                       【蛸に似た ”タコ”】       【転圧機 ”ランマー”】
砕石タコランマー
タコは写真の通り、最も原始的な転圧道具ですが、水平面を作りたい時などは微妙な手加減の出来るなかなかのスグレ物です。ただし相当ウデにきます。
ランマーは、地元のレンタル屋さんから借りましたが(1日2000円)、4サイクルエンジンを積んでおり、接地部分の板が激しく振動して地面を締め固めます。はじめは思わぬ方向に暴れていましたが、御し方のコツをつかみますと真直ぐ進んでくれます。

水糸を基準にバーベキュー砕石敷き+転圧完了
転圧作業は、横方向よりも高さ方向の精度が求められますので、遣り方の水糸を基準に絶えず高さを測りながら高さを揃えていきます。

そして、一仕事終えたあとのバーベキュー!これが「美味いんだなぁー!」
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/26-b5728a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。