プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎作り(その4)-【型枠工事】-

捨てコンクリートに基準の線(芯墨)を打って(墨壷を用いて線を引く事)、型枠を建て起こします。型枠の精度がそのまま基礎の仕上がりに影響しますので、寸法に注意して作業が進みます。

型枠とは、
コンクリートパネル(通称コンパネ)と呼ばれる厚さ12mmのベニヤ板を、30mm×60mm(1寸×2寸)の桟木で補強したものです。
今回は8枚のコンパネを縦切りして16枚の型枠パネルを現場で製作しました。
型枠作り墨付け1墨付け2
型枠の内側には、コンクリートの仕上がり高さとなる位置に、三角形断面の面木を打ち付けます。コンクリートの壁等で、隅の部分が90度の角ではなく、斜めに面取りされているのは、この面木の働きなのです。
また、この基礎に打設するコンクリートの体積は約10m、重さにして約25トンにもなります。側圧(型枠を外側に押し広げようとするコンクリートの圧力)も相当なものになりますので、型枠を支えるサポート材の設置には、かなり神経を使いました。
コンクリート打設中に万一型枠がバレル(壊れる)ことがありますと、付近はコンクリート漬けとなって、収拾がつかなくなるからです。
建て起こし面木打付け作戦会議
さて次は鉄筋の組み上げに工程は進みますが、この夜、鉄筋の配筋図を睨みながら作戦会議が開かれました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/28-247d122b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。