プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎作り(その6)-【アンカーボルト】-
コンクリートの基礎に、木造の建物を載せる訳ですが、その接点にある部材が土台です。
土台には、強度があって湿気に強い米ヒバなどの木材が用いられます。
その土台をコンクリートの基礎に固定するためのボルトが、アンカーボルトです。
図面を読むアンカーボルト1アンカーボルト2
アンカーボルトは、土台の端部や接続部(継ぎ手)に必要ですので、
土台の図面からアンカーボルトの位置を割り出して、コンクリートの中に定着させます。

コンクリート打設時にアンカーボルトの位置がずれないように、テンプレート(穴あき板)を型枠に固定して、ずれを防ぎました。
以前は、打設したコンクリートに、後からアンカーボルトを差し込む(通称”田植え”)ようなこともまま見受けられましたが、それをするとコンクリートの付着が弱く、締め込み時にアンカーボルトが抜ける恐れがあり、やってはいけない手抜き工事の一種なのです。
鉄筋工事の学生たち

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/30-25fcfa23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。