プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎作り(その8)-【コンクリート打設】-
9時10分、打設はあっけないほど順調に始まりました。
ミキサー車は4トン車で1回に2mの生コンクリートを運んで来ます。
シューターに流された”生コンクリート”は、トンボで基礎上面に掻き落とし、そこから奥の方向にトンボで掻き寄せます。これは力作業です。
打設1打設2打設3

ミキサー車からは途切れず生コンが出てきますので、1車打設し終わるまでは息付く間も無い作業が続きます。10分足らずでミキサー車が空になり、打設した生コンクリートを所定の高さにトンボやコテで調整していますと、すぐに次のミキサー車がやってきます。また戦闘配置です。
休む間もなく生コンクリートと格闘すること数分で、2台目も空になりました。
このような調子で、4台計8mのコンクリートを打設した段階で、ミキサー車のオペレーターの方から「ちょっと休憩するか?」との暖かいお言葉。
とにかく一気に打設しなければならないと思い込んで、4台まで連続作業しましたが、特にトンボ担当の消耗が激しく、5台目の到着を10分待ってもらいました。
水分を補給し元気を取り戻して5台目も無事打設!この段階で基礎全面に生コンクリートが行き渡り、鉄筋は完全に隠れました。
高さ調整の為の6台目0.5mを注文し、
合計10.5mの生コンクリートを打設し終えたのは10時30分ごろでした。

非常に激しい90分の戦闘でしたが、
全員の息がしっかりと合った見事なチームワークで乗り切りました。
打設4打設5打設6
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/32-3b4568e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。