プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製材
苦労して山から降ろした原木を、製材所で用材に加工する日が来ました。

今回伐採した杉や桧は、35から40年生ですので、柱や土台などの主要な用材をとるための直径は十分あります。しかし、枝打ちなどの手入れが不十分だからか、幹の曲がった木がほとんどでした。そのため、大引・根太・垂木などの小振りな用材に挽いてもらうことにしました。
用材として歩留まりよく加工できる真直ぐな原木というものが、決して山で勝手に出来るものではなく、その成長過程で人間による相当な手間がかかるということを、あらためて知りました。

製材所製材1製材2

お世話になった菊山製材のベテラン職人さんの手で、台車と呼ばれる素材を載せる台に原木がセットされ、帯鋸のキーンという音と共に、一面ずつ挽いてもらいます。
四角断面の用材にするためには、最低4回台車が往復します。用材ができると同時に、それ以上のヘタが発生します。
製材3今回は、このヘタも蒔に利用するため、50CM程度に小切って持って帰ります。

通常は製品8分にヘタ2分だそうですが、我々が持ち込んだ原木は製品4分にヘタ6分程度です。
製材終わりました


製材所から実習棟のある大阪まで、運搬車ですトラックをチャーターするほどの量でもありませんので、愛車で2往復することしました。
もうすぐ走行17万kmの老兵で、バン仕様1トン積みではありますが、屋根のキャリヤはとうとう曲がって戻らなくなりました。とはいえ、木材約1トン(たぶん超えている)と人間5人を乗せて、文句も言わずよく走ってくれています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちわ。
コメントレス、わざわざありがとうございました!
もらえると思っていなかったので、とても嬉しいです。
私の夢は親に反対されています。だから最近は
いろんな面で自分を試そうと決めて毎日を過ごしています。
質問にも答えていただき、ありがとうございました。
山荘は実際に住むんですね!驚きました。
失敗は許されない大変なものですけど、頑張ってください。
ブログから応援しています。
それでは失礼します^^
【2006/08/20 20:05】 URL | みかん #- [ 編集]


いつも応援ありがとうございます。
みかんさんの可能性は無限大!
「いろんな面で自分を試そう」というチャレンジ精神は大切ですよ!
日頃の生活を通して、いろいろなモノ、いろいろなコトに興味を持って下さい。
そんな中から自分の目標が見つかるのではないでしょうか。
【2006/08/22 17:43】 URL | 編集長 #0DW/rr8Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/36-8d9ab8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。