プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/10で模型作製
N氏山荘模型

建築的な構想は二次元の設計図面にまとめることが一般的ですが、3次元の模型という表現方法もあり、こちらの方が実物に近いだけに、素人の方に説明するときや、検討段階などでよく用いる表現方法です。

今回の建物は、軸組(木の骨組みの組み方)に特徴があり、”渡りアゴ””貫”という伝統的な手法を多用しています。
また、実際の木材加工をする前に、学生達が理解を深めておくという目的もありましたので、実物の10分の1という大型模型を作製することにしました。
模型作製1模型作製2模型作製3

基礎、土台、柱、軒桁、小屋梁、敷桁、小屋束、棟木・・・というように、実際の工事と同じ順序で材料を組み上げていくことで、軸組みの仕組み、施工の手順、加工の難易度などが、明らかになってきます。
また、今回挑戦する竹子舞と土壁について、特に竹の編み方は地方色が豊かで、いろんなテキストの表現も少しづつ違いがあります。結局、親方のご意見も聞きながら自分達で決めざるを得ず、それを確認するために、壁1枚のみの5分の1模型を作り、竹の編み方を検討しました。
模型作製4模型作製6模型作製5
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/37-7c65dd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。