プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁工事(その3)-【下地モルタル塗り】-
外壁の下地が出来ると、上部は漆喰塗りの下地としてモルタル塗りをします

モルタルを練る!塗る前に練習、練習・・・左官親方のお手本!

砂は用いずに軽量の発泡骨材にセメントを混ぜて練ったモルタルを、地元の左官親方の指導のもとに塗り始めます。
お手本を示す親方の持つコテが滑ったあとには、まるで手品のように均一なモルタル面ができあがります。正にゴッドハンドです!
親方の教え下地モルタル塗り。作業中・・・下地モルタル塗り。作業中・・・

「筋がエエナ」などとおだてられながら、親方の半分以下の速度で学生達がコテを動かしますが、なかなか思うような平滑な面にはなりません。悪戦苦闘の2日間で何とか外壁上部がモルタルで覆われました。
練る時の水加減ひとつでモルタルの粘度が大きく変わり、それがそのまま作業性に影響することなど、やって見なければ想像も出来ない左官仕事の微妙さを、体で感じてくれた事と思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/58-10935bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。