プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁工事(その4)-【杉板張り】-
外壁下部は、杉板張り仕上げです。
幅240mm 厚さ15mmの杉板を縦に張って、突合せ部分にはもう一枚、幅の狭い押さえ板を張り付けます。
タイルにしてもこのような板にしても、適当に張れば良いというものではありません。
両端の板幅を合わせたり、突合せ部分が窓に来ないようになど、張る位置を十分検討してバランスよく割付けなければなりません。
金子先生、指導中・・・図面とにらめっこ、どう割付ける?寸法、間違えないよーに

今回は、このような仕事経験の豊富な金子先生に同行してもらい、担当の女子3名を指導してもらいました。前の晩から割付の検討を始めましたが、風呂上りの濡れた髪もそのままに、頭をつき合わせて図面をニラム姿が印象的でした。

出来上がってきました翌朝から工事にかかりましたが、図面上での計算どおりにできる部分、できない部分、窓周りで板を細かく欠き込む部分など、悪戦苦闘の末に2日でほぼ幅広の板を張り終えました。
朝晩が段々と冷え込むようになってきました。
食事も鍋物が恋しい季節ですので、前回のおでんに続き“モツ鍋”を用意しました。大きな業務用アルミ鍋一杯のモツ鍋が、ほぼ売り切れましたが、一番たくさん食べたのは金子先生でした

モルタル塗りと杉板張り作業完了!

※瓦版11~14号UPしました!右上カテゴリー内、瓦版(OCT学内新聞)からどうぞ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/59-466e08b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。