プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ、左海カメラ悲哀

カメラ分解山荘建設の世話人である左海氏のデジカメ、CanonのIXY・・・日々の記録やブログ用の写真撮影に大活躍のカメラでした。

山荘建設の現場では、土壁の泥の中に落とされること数回、ガツンゴツンと山荘の柱や軒先にぶつけられること数度、足場から落下させられたことも・・・
そんな過酷な状況下で活躍してくれていたデジカメですが、内装工事あたりから調子を崩し、ついに先日眠ったまま再び起動することはありませんでした。ご臨終です。

壊れたから廃棄する、だけで終わるはずがない左海氏のモノづくり魂。
カメラはすぐさまOCTロボット機械学科の解体職人、和田氏の元へ届けられ分解されることに。
どんなものでもバラバラに分解してしまう和田氏の手により、徐々にかつスムーズに各パーツに分解されていきました。そんな時、突然和田氏の驚愕の叫び声が!
「カメラの中に砂が入ってるっ!」
精密機械の内部に砂が、それも大量に入っているなんて有り得ない!という和田氏の常識を覆す事実が!
しかし過去にも左海氏のキーボードを傾けるとコーヒーがこぼれ出てきたこともあり、左海氏を知る他の人にとっては大した驚きではなかったようです。

和田氏解説中・・・分解作業が進むにつれ、和田氏がそれぞれのパーツの働きやウンチクを話してくださいました。こんな小さなボディーに数々の工夫やしくみが見てとれ、また、いくつもの分野の知恵と技術が結集されているのが良くわかりました。

山荘建設にしろデジカメにしろ、モノづくりには知恵と工夫、チーム力がとても重要なのですね。
そんなことを再確認させてくれたデジカメの最後でした。安らかにお眠り下さい・・・合掌・・・。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/71-5c69ee14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。