プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試しに伐採してみました。

伐採テストです”原木伐採から体験させたい!”とは言うものの、
世話人(左海)もやったことがありません。
まずは自分で試してみようと、親子3世代で山に入りました。
チェーンソーという楽チンな道具もあるんですが、立ち木に敬意を表して、先ずは鋸(のこぎり)で伐りにかかることにしました。


昔とった杵柄とやらで親父殿の記憶を頼りに、
”伐る木を選び”、”倒す方向を検討し”、”木の曲がり具合を見て伐る高さを決め”、鋸を当てます。
皮、辺材(シラタ)と鋸が入っていきます。
水っぽいシラタを抜けると、乾いた感じの芯材(アカミ)に入り、鋸の切り味が明らかに変わります。直径の2/3程度伐り進んだところで止めます。息子も伐ります
今度は、オノで倒す側に切り目(ウケ)を入れます。
そして、幹にロープをたくり上げて倒す方向に引っ張りながら、鋸で左右の伐り残し代を注意して挽きますと、序々に木が傾き始め、概ね狙った方向にズッシーンと倒れます。


・・・不思議な感動を伴う作業です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/8-6bd66df9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。