プロフィール

大阪工業技術専門学校 建築系学科

Author:大阪工業技術専門学校 建築系学科

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『N氏の山荘建設』
愚直な仕事を要領よく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関接続工事-【その3】-
前回の工事で出来たベタ基礎にコンクリートブロックで立ち上がりを設け、その上に土台をアンカーボルトで固定します。

ブロック積作業また、ブロック工事の練習として、花壇の縁にブロックを2段積み上げる工事を先行させました。

一見すれば同じ大きさの空洞に見えるコンクリートブロックの穴ですが、微妙に大きさが違っており、積み方にもどちらが上か下かセオリーがあります。
一般構造あたりの授業で習ったはずの“かすかな記憶”?を頼りに、一見キレイなブロックの花壇ができました。(穴の大きい方が下に積むのが正解です)

続いて母屋と離れの間に屋根を架けます。離れの軒下をギリギリ交わし、
水勾配と天井高さを確保しなければなりませんので、正確な計測を繰り返しながらの現場合わせ工事となります。
垂木の受け材をボルトで取り付け垂木を金物で固定し、野字板、ルーフィング、ガリバリウムメッキの波板と順に作業が進みます。
特に離れの軒下では作業スペースがありませんので、無理な体勢でのアクロバット工事となります。
計測中・・・ キサミ中・・・ キザミ中・・・
屋根下地 キザミ中・・・ キザミ中・・・
土台 下地完成 屋根葺き作業中
玄関その3集合写真
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://oct2006.blog56.fc2.com/tb.php/85-1e5370fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/12/09 01:05】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。